遥歌 /生
2003年6月18日に発売。福島県郡山市出身のアコースティックユニット「遥歌」がモダニズムレーベルより1stアルバム「生」をリリースいたします。「遥歌」は立って歌う「かんの」、座って歌う「わこう」の二人組ユニットで、何よりも言葉の大切さ、心からの言葉を美しいメロディに変えて聴く者の心を捉えて離す事はありません。そして何よりも美しい二人のまったく声質の違うハーモニー、今までたくさんのアコースティックユニットが出て来ましたが完成度としては高く、誰よりも「美しく心に響く」事は間違いありません。キャッチコピーは「はるか遠くのあなたへの優しい優しい贈りもの」、このコピーが示す通り日本人ならこの優しさと暖かさに感動を覚えるでしょう。まだまだ「本物」はいましたね。ジャケットデザインもまるでエッセイを思わせるような優しいデザイン。そう、彼等の言葉(あえて歌詞とは言わない)を尊重したものとなっている。きっと忘れていた感情を思い起こすきっかけとなるでしょう。子供マン
ボクが大きくなったら
アッチミィ
鳥かご
彼女の手
笑い顔と鼻

風物語
日常の幸せ(ボーナストラック)
解説■モダニズムレーベル主宰 荒 二三男
甘いラブシーンや感動的なエッセイを見ているようなコード感、それが遥歌の音楽。 ジャケットが示しているような自伝的小説・エッセイ集=人生・愛にまつわるトータルな内容は1stアルバムでありながら実にクオリティの高い作品に仕上 がっている。自らはストリート出身という遥歌ではあるが、個人的にはもっとピュアで叙情的なソングライターというイメージだ。1の「子供マン」はいきなり ハッピーなノリでオープニングを飾る。ノスタルジックな歌詞とあえてストリートっぽさを打ち出したいわゆる「一発録り」サウンドで幕が上がるので一瞬戸 惑ってしまうかもしれないが、これも遥歌の側面でもある。2の「ボクが大きくなったら」以降はスタジオテイクなのだが、この曲は1の子供マンが少し成長 し、現実社会と向き合う葛藤や喜びを見事に楽曲やサウンドとして表現している。3の「アッチミィ」、この楽曲は遥歌がいかに言葉を大切に大事に考えている ことが理解できる秀逸な曲である。そして4の「鳥かご」、彼等のポジティブな言葉達はとても重い言葉達である。しかし、軽快なサウンドに乗った瞬間素直に 心に届いてしまう。これも遥歌の素晴らしい側面である。5の「彼女の手」は一転して現実的な虚無感や無常な世界をわこうが熱く静かに歌い上げる。人生と は?と言う問いかけに対しての酸いも甘いも知っている彼等ならではの異彩を放つ非常にメロディアスな楽曲である。6の「笑い顔と鼻」はその流れを断ち切る ような元気を与えてくれる短くもハッピーソングに仕上がっている。7の「生」はアルバムタイトルにもなっている鍵となる楽曲である。今を「生」きようとい う彼等のメッセージ、アコースティックでマイルドな「生」音に近いサウンド、そして彼等の心からの「生」の言葉、ライブ中に客が感動して泣いてしまったと いう逸話もあるほど聴く側が受動的に素直に受け止めざるを得ないストレートなスローナンバーである。8の「風物語」は彼等にしては珍しく楽曲の中に主人公 を持ってきたストーリー性溢れるバラードである。アルペジオが美しく叙情的風景を想像せずにはいられない。そしてラスト9の「日常の幸せ」である。この楽 曲が遥歌の全てであるかのような感覚を覚えてしまうほど美しくピュアな言葉とメロディの融合。彼等の飛び抜けたセンスが伺えるこれこそ「名曲」と言えるだ ろう。
価格 ¥2,000 AZMD-0001
Paypal ↓